車査定のポイントを見切ってみよう|バッサリとコスト削減して得する

車

廃車にかかる費用

笑っている女性

車が必要なくなった時、廃車にします。車を廃車にする場合、いろいろな費用が発生することが想定されます。必要のなくなった車にお金をかけるのは誰だって嫌なはずです。どうせ廃車にするのなら、いかに安く済ませるかを考えることでしょう。廃車には、車の車種や状態によって金額の差はありますが、約2万から5万くらいの料金がかかります。軽自動車の場合もっと安くなることもありますが、海外の車だともっとかかる場合もあるのです。費用の内訳は「車の引き取り」や「自動車リサイクル料金」、「書類作成にかかる料金」になります。まず車の引取りですが、廃車にする車に多いのが壊れて動かないものです。このレッカー代と解体費用が大きな割合を占めます。約1万円から3万円以上はするでしょう。車が動き自分で持ち込むと安くなります。次に自動車リサイクル料金ですが、車の購入時に支払が済んでいる場合があります。その場合、払う必要はありません。未納の場合は軽自動車が8千円で、大型車だと、2万円支払うことになります。そして、書類作成ですが、もちろん自分で行なえば安く済みますが、とても手間がかかるので行政書士に依頼することが一般的です。陸運局の近くに行政書士事務所があることが多く、そこなら他の事務所より比較的安くなっています。このように廃車には時間と手間、さらに費用までかかります。逆に廃車を買取業者に依頼すれば時間も手間もかけないので、活用してみてもいいでしょう。